一部では大人のカロリミットを飲み続けることで下痢になったという噂が出てきていますね。それは本当のことなのでしょうか?

大人のカロリミットはあくまでもサプリの範囲内のことしかできないので、それほど影響はないと思うのですが・・・・

大人のカロリミットを飲んだ後の実感は人それぞれなので絶対にない、とは言い切れないかと思いますが、下痢になる可能性については成分の点から検証をしてみる価値はありそうです。本当おところはどうなるのでしょうか?

大人のカロリミットは下痢になる!?成分の徹底調査と実態

大人のカロリミットの成分は全部で6種類です。これらを一つずつ調べ直すことで下痢になる可能性についてもわかります。

大人のカロリミットを飲むと下痢になるというのは噂なのか?それとも可能性があるのか?心配な方は要チェックです。

・ブラックジンジャーエキス(4粒で2.25mg)

一つ目で出てくるのはブラックジンジャーです。生姜から抽出したエキスで脂肪を燃焼させる効果が期待できます。

原材料はもちろんですが、生姜です。この生姜で下痢いなるという話は聞きませんよね。それどころか風邪を引いたら温かくして生姜湯などを飲みましょう、とまで言われています。

・ギムネマシルベスタエキス(4粒で9.4mg)

血糖値が探す効果が期待できます。万が一副作用の心配があるとすれは血糖降下剤を使用している人は心配があります。

そのためお医者さんに相談をしてからの方がいいかもしれません。しかし、逆にそれ以外の人にとっては副作用の心配はありません。もちろん下痢になる可能性のない成分です。

・桑の葉エキス(4粒で0.2mg)

最近のサプリでは大人のカロリミット以降によく使われるようになりました。役割としてはブドウ糖の吸収をじゃなしてくれると言われています。

その際にガスが発生するので¥おならが出やすいとも言われますが、こちらも下痢とは関係がありません。

・鳩龍緑茶エキス(4粒で14mg)

名称が難しく見えますが、カテキンの入ったお茶として扱われています。もちろん、副作用などは考えられません。

大人のカロリミットの成分では、このような安全性の高いものがメインとなっています。

・キトサン(4粒で100mg)

エビやカニなどに含まれている動物性の食物繊維としてキトサンを配合しています。食物繊維は体にいいものですし、便通の効果が期待できるものですね。

実はトクホとして指定されているので副作用はなく、安心できる成分です。

・インゲン豆エキス(4粒で0.29mg)

下痢の可能性としてはこちらがわずかですが可能性はあるようです。下痢やおう吐などの副作用の可能性が示されてます。

ただし、それは成分として見たインゲン豆の場合です。ここでは加熱処理をしているので下痢などになる可能性は全くありません。

結論、大人のカロリミットで下痢の可能性は何パーセント?

上記のように大人のカロリミットの成分を見てみると副作用の可能性ってほとんどないことがわかってきますね。下痢の原因となる成分は含まれていないことも確認ができると思います。

インゲン豆の成分だけがちょっと心配ですが、それでも加熱処理をすることでその問題もクリアしています。

おそらく過剰摂取によって体調の変化があるかもしれませんが、規定量で飲んでいる分にはその心配もありませんよね。

おそらくですが、大人のカロリミットを飲んで下痢になる、という噂には大きな勘違いをされているのではないでしょうか?

類似のダイエットサプリは下痢の原因となる成分を含んでいるものが多数あります。下痢を無理やり起こさせることで即効性の痩せる効果を生み出すものです。

大人のカロリミットとは全く異なる成分を使っているものです。その点では他のサプリを選ぼうと思っている方はもう一度成分をチェックして見た方が良さそうです。

下痢の可能性よりもアレルギーのほうが心配です

実は大人のカロリミットの場合には下痢などの副作用よりもアレルギーの方が気をつけるべき問題です。自覚のある方はすでにわかっていると思いますが大人のカロリミットに含まれる成分でアレルギーの可能性がものは大豆とエビカニの甲殻類アレルギーです。

それでも大人のカロリミットを飲んで見たいと考えている方はあらかじめ担当のお医者さんに確認をしてみましょう。

「このくらいならば大丈夫」と言われればもちろん飲めるかと思いますが、大人のカロリミットは継続をした方がいいサプリなので、ちょっと悩むかもしれません。

こうしたアレルギーの心配がないことがわかっているならば、自信を持って大人のカロリミットを始められそうですね。