カロバイプラス 食前 食後
ダイエットサプリの多くは、食前や食後など飲み方が決まっています。

カロバイプラスの場合、いつ飲むのが効果的なのでしょうか。

「食前に飲めばいいの?」「食後に飲めばいいの?」

という疑問をお持ちの方に、カロバイプラスの効果的な飲み方を詳しく紹介していきますね。

「食前」に飲めば、食事の糖質・脂肪の吸収を抑えられる

カロバイプラスには緑茶カテキンや桑の葉抽出物、キトサンなど食事の糖質・脂肪の吸収を抑える成分がたっぷりと配合されています。

そのため、食前に飲むことで食事の余分なカロリーをカットし、好きなものを我慢せずダイエットができるのです。

食前といっても食事の直前ではなく、食事の30分くらい前が効果的!

食事の30分くらい前にカロバイプラスを飲んでから食事をすることで、ダイエットサポート成分の効果が十分に発揮されますよ。

「食後」に飲んでも効果あり!

カロバイプラスをつい食前に飲み忘れてしまったとしても、食後すぐに飲めば効果を得ることができます。

食後すぐならいいのですが、食後30分以上経ってから飲むのはNG。

食後30分以上経ってから飲んでもダイエット効果を得ることができないので、もったいないです。

食後30分以上経ってしまった場合は、次の食前・食後に飲むようにしましょう。

胃が弱い人は「食後」に飲むのがおすすめ

胃が弱い人がカロバイプラスを飲む場合、食前ではなく食後がおすすめです。

カロバイプラスは空腹時に飲んでも問題ないといわれていますが、胃が弱い人が食前に飲むと胃痛が起きる可能性があります。

その場合、軽く食事をしてからカロバイプラスを飲むことで、胃痛を防ぐことができるのです!

いくら食前が一番効果的だとはいっても、胃痛を起こしてまで飲むのは体に良くありません。

胃が弱い人は食後にカロバイプラスを飲むようにしましょう。

「起床後」なら飲み忘れ防止になる

カロバイプラスは食前でも食後でも効果を得ることができますが、飲み忘れてしまう人が多いですね。

飲み忘れを防止したいなら、起床後すぐに飲むように習慣づけましょう!

目に付きやすい枕元やテーブルの上などに置いておけば、飲み忘れずに済みますよ。

また、カロバイプラスは1日1粒でいいので、朝飲んでおけば1日のすべての食事のカロリーをカットできるメリットも♪

体調が優れないときは、飲むのを休止しよう

カロバイプラスはサプリなので副作用が少なく、安心して飲むことができます。

しかし、体調が悪いときに無理をして飲んでしまうと、体調が悪化してしまう可能性があるのです。

体調が優れないときはカロバイプラスを休止しましょう!

体調が良くならない、何日も具合が悪いという場合は、カロバイプラスによる副作用が起きている可能性も。

不安な場合はカロバイプラスを持参し、早めに医師に相談してくださいね。

毎日飲んで、3か月以上続けることが重要!

カロバイプラスは食前・食後などの飲み方も重要なことですが、毎日飲んで3か月以上続けることも重要になります。

「効果を感じられない」という人の多くは、毎日飲んでおらず3か月以上続けていないのです。

効果には個人差がありますが、毎日飲んで3か月以上続けることで徐々にダイエット効果を実感できますよ。

カロバイプラスは1袋通常8,640円するので、続けていくとなると金銭的に大変ですよね。

しかし、公式サイトの定期便である「パーフェクトコース」なら、通常より安く購入できるのでおすすめ!

初回は980円、2回目以降6,480円、5回目以降5,480円になります。

30日間全額返金保証の特典も付いてくるので、もし副作用などが起きて体に合わなかったとしても安心ですよ。

ダイエットを絶対に成功させたい人は、続けやすい価格のパーフェクトコースを注文するといいでしょう♪