メタバリアS 効果時間
食事制限や置き換えダイエットはすぐに痩せることができても、結局続かなくてもリバウンドしてしまいますよね。

メタバリアSは食前の15分ほど前に摂取することで、糖の吸収や腸内環境を整えることができ、健康的に体重を減少させることができます。

効果時間によっては食事の時間も考えないといけませんが、一度メタバリアSを摂取したら効果時間はどれくらいあるのでしょうか?

メタバリアSを摂取して効果が出るのはどれくらい?

メタバリアSは食前の15~30分前に摂取することで、十分にメタバリアSの成分を吸収させることができるとされています。

公式サイトにも掲載されていますが、メタバリアSも主成分であるサラシア由来のサラシノールを検証した結果、摂取してから約30分で血糖値の上昇を抑える変化がみられました。

そのため、メタバリアSで糖の吸収を抑えるのであれば、食べる直前でもいいのでは?と疑問に思っていた方もいると思いますが、このような理由があったのですね。

摂取して30分後に血糖値の上昇を抑えることができるのは分かりましたが、肝心の効果時間はどれくらいにあるのでしょうか?

効果時間は約1時間~1時間30分

メタバリアSの効果時間は約1時間~1時間半です。

そのため、大体食事を摂取して消化するまでの時間となりますね。

なので、もし長時間に及ぶ飲み会の場合、すぐにがっつり食事を摂ることもないので、飲み会の進み方と様子を見て摂取するようにしましょう。

まとめて飲んだら効果時間は長くなる?

メタバリアSの1日の摂取目安量は8粒です。

食事をするタイミングと食事量に合わせて飲む量を小分けにすることで、より成分の吸収力を高め、全ての食事に含まれている糖の吸収を抑えることができるのですね。

ですが、飲み会などで食事の時間が長くなりそうなら、効果時間を伸ばすために小分けにして摂取するのではなく、まとめて飲んでしまってはいけないのでしょうか?

まとめて飲めばその分効果時間も倍になりそうですし、長時間続く飲み会でも安心することができますよね。

しかし、食事の時間が長く続くからと行って、まとめて飲んでも効果時間が長くなるわけではありません。

人間の身体が一度に吸収できる成分の含有量は決まっているので、まとめてメタバリアを飲んでも全て吸収することはできず、吸収できなかった分はそのまま流れていってしまいます。

8粒以内であれば、粒数を調整することができるので、例えば夜の飲み会でたくさん食べなければいけないのであれば、朝2粒、昼2粒、夜4粒など食事量によって粒数を工夫してみてくださいね。

よりメタバリアSの効果を発揮させるためには?

メタバリアSの効果時間は長いので、効果的に糖の吸収を抑えて痩せ体質へと変えることができますね。

毎日きちんと摂取するだけでも効果を発揮することはできますが、よりダイエットを効果的に進めたいのであれば、食生活の見直しと軽い運動を行いましょう。

太ってしまった大きな原因は食生活にあり、栄養バランスを考えた食事をとるように意識するだけでダイエットだけではなく、健康サポートにも繋がります。

また、軽い運動を続けるだけで、筋肉量を増やし、基礎代謝をアップする効果も。

運動といってもウォーキングや階段を使うようにする、家で簡単に筋トレをするなど激しいトレーニングはする必要はないので、よりダイエットの結果を早く出したいのであれば、少しずつでいいので食生活などの生活習慣の改善も行ってみてくださいね。

メタバリアSの効果時間を知っておくことで、より安心して食事を楽しむことができるようになりましたよね。

ダイエットが停滞気味で進まない…そんな時はメタバリアSでダイエットサポートを始めてみませんか?