大人のカロリミット 妊娠中
妊娠中は食事や薬などの制限は特に厳しくなります。大人のカロリミットはそうした妊娠中に飲んでもいいものなのでしょうか?

サプリメントだからそれほど気にしなくていい、という意見と、それでも気をつけて!とい意見と両方が出てきますよね。油断をして対応を間違えてしまうと後で大失敗に気がつくことになりますよね。

そうならないようによく確認をしておきましょう。

注意!大人のカロリミットは妊娠中はNGです

結論から言うと、大人のカロリミットは妊娠中に使ってはいけません。大人のカロリミットの類似品であるカロリミットの説明書きでは

「※妊娠・授乳中の方、お子様はお召し上がりにならないでください。※薬を服用あるいは通院中の方および糖尿病の方はお医者様とご相談の上お召し上がりください。」

このような注意書きがあります。大人のカロリミットも同じ注意が書かれています。

その理由はギムネマという成分にありました。

糖の吸収を抑えて血糖値を下げる機能を持っているということは、赤ちゃんにはよくない影響が出てきてしまいます。

大人は内臓などがしっかりできているので血糖値を下げることは、太りにくくなることですが、内臓の形成や成長がまだな赤ちゃんは成長自体が遅れてしまう可能性があるのです。

それよりも妊娠中はお腹の赤ちゃんおことだけを考えてケアしてあげることだけを考えましょう。大人のカロリミットを使ったダイエットに関してはもっと後の話ですよね。

いつからOK?大人のカロリミットをいつから始めるか?

妊娠中はもちろんですし、授乳中でもおっぱいに影響をしてしまうので大人のカロリミットは避けた方が無難です。大人のカロリミットの栄養素はおっぱいから赤ちゃんにつながってしまいます。

大人のカロリミットの糖と脂肪の吸収を抑える機能は栄養が取れなくなってしまうことになるので赤ちゃんにとってはマイナスでしかありません。

もし、ダイエットとして大人のカロリミットを飲み始めるとしたら授乳期間が終わってから。そのあとになります。

育児が落ち着いて、またはようやく産後太りを気にかける余裕ができてから考え始めればいいのです。

あまりに早く大人のカロリミットを飲み始めてしまうと、赤ちゃんへの影響で心配をしたり、余計なストレスを抱えることで逆効果になってしまうかもしれません。

せっかく綺麗になるためのダイエットなのにお肌はボロボロ、ストレスでやつれてきてしまったら嫌ですよね。

危険なの!?大人のカロリミットの成分について

最後に大人のカロリミットの成分についてチェックしておきましょう。もしかすると妊娠中に飲んではいけないということは、それだけ危険な成分が大人のカロリミットにはつかわれている?と考えてしまっている可能性もあるからです。

危険性や副作用という点では大人のカロリミットにはほとんどありません。

まさに成長中で体が完成していない赤ちゃんには良くないというだけです。実際に大人のカロリミットの成分を見てみると使われているものは全部で6種類で、どれも自然由来の優しいものだけです。

しかも一定の条件をクリアしてできている機能性表示食品なので効果は基地できるものの、医薬品ではないのも安心ができる点です。

成分の安全性を証明するために言われていることで添加物が一切使用されていない、ということも上がります。合成着色料、香料、保存料などは一切使わずに大人のカロリミットはできているのです。

これはフェンケルという会社が化粧品などコスメも作っているからでもあります。直接肌につけるコスメと同じ基準で大人のカロリミットを作っていて、徹底した管理もしてくれているのです。

妊娠中、授乳中、などを経ると急に安全性には敏感になってしまいますよね。一旦落ち着いてから使用するのであれば大人のカロリミットはむしろお勧めできるサプリメントのようです。