大人のカロリミットの飲むタイミングは食前が絶対にいいと言われています。

でももし飲み忘れた場合、食後でもいいのでしょうか?それとも別な対策を考えた方がいいのでしょうか?

実は万が一ですが、飲み忘れた場合は慌ててでもいいので食後に飲んだ方が絶対にいいのです。その理由をこれから紹介していきますね。大人のカロリミットは続けることにこそ価値があるとわかってきますよね。

大人のカロリミットは食後でもいい?3つの理由をチェック!

大人のカロリミットは食後でも構わないので飲んだ方が良さそうです。成分の特性や結果を見ると食前以外では意味がなさそうですが、それでもオススメをしてしまいます。その理由は3つ上げることができますね。

1、飲み忘れた!?大人のカロリミットのタイミングはここ!

まずは結論だけです。大人のカロリミットを飲み忘れたら食後でいいので飲むことです。本来ならば食事の30分前に飲みなさい、となっていますが、それは必ずできるとは限りません。

だから、食事の直前になってしまっても構わないし、食事中でもありでしょう。そして最終手段として食後に飲んでも、飲まないよりは断然いいのです。

2、食事の消化、吸収には約2時間がかかるから

大人のカロリミットを飲むのが食後でもいい理由は食事の消化作用は2時間程度かかるからということがあります。等や脂肪の吸収に関しては2時間ほどかかって体内で始まります。

それならば食後2時間以内であれば全くの無駄になならないということです。もちろん、100%の効果を発揮!とはならないでしょう。

しかし、何もしないよりは断然いいこともわかります。忘れるくらいならば一応飲んでおいて、次は忘れないように自分への戒めとしておくのです。

カロリミットと大人のカロリミットの大きな違いは継続をするかどうかとも言われています。だから1日でも飲まない日を作ってしまう方がデメリットとなるのです。

3、大人のカロリミットの本質は脂肪代謝の力を上げること

大人のカロリミットの本質はここにあります。食事の吸収を抑えるだけならば普通の安いカロリミットで十分です。

大人のカロリミットにはさらに別な効果が期待できて、それは脂肪代謝の力がアップすることです。同じ運動をしても代謝がアップしていればたくさんのカロリーを消費してくれます。

ただし、大人のカロリミットを毎日続けていなければこの効果を実感することは難しいのです。仮に食後に大人のカロリミットを飲んだとしても糖や脂肪の吸収を抑える効果はほとんどないでしょう。

飲み続ける習慣を崩さないことが大きなメリットとなるようです。

やっぱり心配?本当のタイミングはいつがいい?

初めの答えに戻りますが大人のカロリミットの飲むタイミングの理想は食前30分前です。それについてはずっと変わりません。

ただし、もし飲み忘れてしまったのならば食後でもいいので必ず飲みましょう。血糖値の抑制などの効果は期待できませんが、それ以外の効果が大人のカロリミットには期待できるのです。

公式の情報を見ても1日1回でいい代わりに毎日続けること、とあります。

少し不安なことは次の食事の機会に回していくことで気がついたら飲み忘れていた、ということですね。朝忘れたから昼にしよう、昼に飲み忘れたから夜にしよう、夜に飲み忘れていたから翌朝にしょう、などと引っ張ってしまうことです。

これが忘れる原因となるのです。

そうならないように、例えば毎晩の食事前、などと決めてしまいましょう。それでもし飲み忘れていたら食後でいいので飲んでしまうことです。

毎日の習慣にできますし、失敗した!という気持ちが自分の中に芽生えてきますので、次こそはキチンと飲んでいこうと思えるようになるでしょう。